オープン間近の弊社新関東プラントオフィスの住所と電話番号をお知らせします

弊社新関東プラントオフィスは、9月オープンを目指して準備中です。

前もって住所と電話番号をお知らせ致します。

住所 〒144-0033 東京都大田区東糀谷1丁目4-14 ハイツ小田川1階

電話:03-6423-6123  FAX:03-6423-6124

準備中ですが、いつでも遊びに来て下さい。

心よりお待ち申し上げています。

6月度QOL向上研修を開催しました

Sayカウンセリングオフィス 代表 本田明美先生による

”楽しい硬筆レッスン・基本編” 自分の名前を美しく

練習と添削

Ruban d’or【リュバンドール】代表 岸本有由様を講師に

持てるための絶対条件!磨かれた人になるための外見9箇条

持てるには”清潔感”が一番大切 ICAMアドバンスエステティシャンが講義する。

髪について、肌についての講義と髪診断、肌診断のデモンストレーション

頭皮の血行促進セルフマッサージを学びました。

コロナウイルス感染予防対策手順を改訂しました

コロナウイルス感染防止対策手順

 

令和2年4月26日改訂

株式会社 河野鉄工所  代表取締役 河野裕司

■目的

・社員とその家族、お客様と地域を守る。

・弊社安全衛生管理を「食品工場の従業員なみに管理レベルを向上させる」

・長期化する中で不安を取り除き、社員間のコミュニケーションをより高める。

 

■全員の遵守事項

・全員が出退勤時、業務中全てにおいて必ずマスク・保護メガネを着用、飲食時以外は休憩中もマスクを取らない。

鼻が出ないよう「正しくマスク着用(コロナウイルスは目、鼻、口の粘膜から体内に取り込まれ、鼻、口から外へ放出されます)」すること。

※お客様との対話時は、「マスク着用のままお話しさせていただく旨」をお伝えください。

・出社時に体温を計り、37.0度以上の熱がある人は出勤禁止。

※37.0度以上の熱がなくても、体調が悪いときは無理して出勤しない。

風邪などの症状がある場合は念のため上司に報告して出勤は控える。

 

■濃厚接触についての規程

定義 「1メートル以内の距離で15分以上マスク無しで接する事」

・現場作業者及び外出時 「誰と何処で何時から何時まで作業をしたか」を30分単位で行動記録シートに記入する。何処に行って誰に会ったかを明確にする。

・休憩時、特にお客様休憩場所では注意する。喫煙場所には立ち寄らない。

・移動は、社有車、自家用車とする。

 

■出張・研修等

・研修参加はすべて会社の許可が出るまで禁止する

 

■時差出勤等の対応

・本社マネージメントサポート部は10時出勤~16時退社時短勤務を実施

・希望者は在宅でのテレワークを認めるその場合の勤務時間は、通常勤務と同

じとする

・エンジニアリング部はマイカー通勤に加え、社有車による通勤を申請により

認める。 通勤時の多人数との接触を防止する。公共交通機関での移動は避

ける。

 

■来客対応

・商談・打合せはWEB会議で実施をお願いする。来社はお断りする。

 

■会議等

※1か所に集まっての会議等は禁止

・経営MTG…会議室に集まらずZOOM開催

・幹部MTG…会議室に集まらずZOOM開催

・リーダーMTG…会議室に集まらずZOOM開催

・懇親会…会社の許可が有るまで禁止する

・新入社員マナー研修、参加3人のみとしてマスク着用し本社会議室で実施する。

・朝礼、昼礼、終礼はZOOMで開催

 

■勤務及び通勤

時短を開始 マネージメントサポート部、新入社員は10時~16時

在宅医勤務も認める。

マイカー及び社有車通勤 全社員マイカー通勤に加えて、申請があれば
社有車の使用を認める。

 

■新型コロナ対策の告知

・HPで対策の実施状況を発信する。

・お客様、ご担当者様にはメールで告知する

・SNSで対策の実施状況を発信する。

 

■現在発信中の対策

・会社入り口にうがい薬、次亜塩素酸水消毒液、アルコール消毒液を設置し入室時に必ずうがい、手洗い、指先消毒を行う。

・会社入り口に加湿器を設置し、修業時間中は次亜塩素酸水の噴霧を行う

・事務所デスクに次亜塩素酸水スプレーを設置し消毒を行う

・個人にハンディータイプの次亜塩素酸水スプレーを配付し通勤退勤、プライ
ベートでも 消毒を行う。

・社有車に次亜塩素酸水スプレーを積載し、都度消毒を実施する。

・休憩毎、作業が止まる毎に、手洗い、うがい、消毒を励行する。

**消毒対象物

手、上着等衣服、靴、キーボード・マウス・ノートPC・ipad・プリンタ

受話器・現場共有の携帯

ドアノブ・机の上・椅子・便座・社用車・キーボックス・セキュリティカード・プラッター・ヘルメット

・各拠点での昼食および休憩の取得を最大3人単位でずらしてとるように調整

 

以上